からだすまいるロゴ 営業時間・電話番号(048-467-6676)
  • メインイメージ1
  • メインイメージ2

運動療法に
ついて

【立ち方・座り方・歩き方】

からだすまいる本舗では、最初の問診で、
患者さんに何が原因かをわかる範囲で教えてもらいます。

ひとつの答えに『姿勢が悪いからですかね…』と自覚を訴えられることがあります。

姿勢が悪い→痛み、つらさ

しかもその方にとっての姿勢は【難しいもの】になっています。

からだすまいる本舗では、これを

姿勢が悪い⇔痛み・つらさ と考えます。

どういう事かと言うと、姿勢が原因で痛み・つらさが出ている。

これが通常の考えですが

痛み・つらさのある状態が、まさに悪い姿勢ならば、その状態では、どんなに姿勢を良くしようとしても出来ないし、逆に無理してさらなる痛みにつながる。というもの。

足を組むのが止められないのは歪んで、そこに落ち着く形になってしまっているからです。

それを変えないと、足を組まないようにするのは、どんなに頑張っても出来ないものなのです。

『ぼきぼきしない』独自の矯正方法で、ユガミを取り除けば、痛み・つらさは軽減・緩和・消失しますが、その目的は姿勢を良くしていくことにもあります。

姿勢がうまく作れるようになれば、慢性化あるいは繰り返し起こる症状もなくなる、それを『よくなる』としています。

姿勢・動作の基本である『立ち方・座り方・歩き方』は日本身体文化研究所の矢田部英正先生のメソッドに基づき、たくさんの患者さんはもとより、目の前を通る人々を観察することで、もっとも簡単にわかりやすくお伝えすることが可能となりました。

患者さんの動作は、痛み・つらさにつながる原因を教えてくれます。

姿勢・動作⇔ユガミ⇔痛み・つらさ

この三者の双方向を好転させることで、足を組まなくて済むようになり、9割5分以上の患者さんは『よくなって』いくのです。